デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[山下コラム]第2PKはmalva小島修人に学べ![関東リーグ]

 有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[山下コラム]第2PKはmalva小島修人に学べ![関東リーグ](2017/9/8)

malva ibaraki fcの♯18小島修人(32歳)。関東1部復帰に貢献したスピードスターだ。

 

前半8分、この試合の先制ゴールは小島の第2PKから生まれた。

 

ゴレイロの動きを見切ってゴール上部に突き刺した。

 

今季3ゴール目が決まった瞬間だ。

 

2014年関東リーグ2部得点王

「いいんですか、僕で」。第6節終了直後にインタビューを申し込むと開口一番、小島修人はそういった。もちろん! 僕はそう応えた。実はこの取材の前にマルバに負けたあるチームの選手から「修人がヤバイ!」と聞いていた。小島は2013年、右ひざ内側側副じん帯を損傷。「歩くのも大変な状態の中で、筋トレとランニング中心のトレーニングを2か月くらいかけてやって、どうにか通常の日常生活に戻れるまでなり、それからさらに2か月毎日リハビリに通って、トータル4か月間ぐらいかけて復帰」(小島)。当時、松葉づえ姿の彼に僕はこの日と同じ千葉県常総市水海道総合体育館で顔を合わせている。その小島はその後、2部の舞台に復帰した2014年、いきなり得点王を獲得している。「(その年は)今思えば、自分の形でやれてたというか。結構自信持ってやれてました」。もしかして、そのときのキレが戻っているのか…。だからこの日は“修人狙い”の取材といってよかった。その小島が前半8分に第2PKから先制ゴールを決めて見せた。その後、流れの中で小島の左足からゴールは生まれなかったが、両チーム点の取り合いとなり、3-4と1点ビハインドで迎えた後半残り32秒、マルバに同点のチャンスが巡ってきた。それも再び第2PK、しかもキッカーは小島修人。こんな偶然はそんなにあるものじゃない。ファイルのゴール裏でカメラを構えていた僕は、すぐそばにいたボールパーソン(設営担当のコロナFC/権田の選手)と、奇跡に近い展開の目撃者となることに興奮し、状況もわきまえず大騒ぎをしてしまった。結果は後半ピッチに立ったファイルのゴレイロ安藤に止められた。試合に敗れ、しょうすいの中にいた小島だったが、気力を取り戻すかのように、僕とのやり取りの中で、第2PKのノウハウを事細かく、彼らしい表現で明かしてくれた。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

(関東リーグ試合データ / http://www.pitin.com/kanto/

 

6ファールによる第2PKを指示するレフェリーに食い下がるファイルの選手たち。小島は涼しい表情でボールを拾いにいった。タイマーが残り32秒を示している。

 

2回目の第2PK、今回も小島はボールの右後方およそ6mあたりから助走を開始した。

 

その後、右にやや膨らみ、

 

右45度以上の角度からボールにアプローチ。

 

タイミングを合わせて。

 

大きめのステップから、

 

左足を振りかぶりー

 

キーック!

 

結果は同点ゴールならず。歓喜するファイルの選手の傍で小島を慰める♯11出浦キャプテン。

 

その後ファイルのパワープレー返しが決まり2点差。マルバはパワープレーを継続するもその後1点を返すのが精一杯。結果は4-5。勝者と敗者の明暗が分かれた。

 

後半残り32秒で再び第2PK獲得、キッカーは…

3-4と1点ビハインドで迎えた後半残り32秒、マルバに同点のチャンスが巡ってきた。この試合2回目の第2PK、キッカーも1回目と同様、小島。1回目を決めて先制しただけに2回目への期待が一気に膨らんだ。

「あ、そうですね。最後やっぱり決めなきゃいけないっていうプレッシャーはあったんですけど、自分のフォームで蹴ろうと思ったけど自分のフォームで蹴れなかったっていうのが一番でしたね」

どこがどう違ったのだろうか。

「まず、最初の1本目のゴールキーパーと、2本目のゴールキーパーが違かったので(ファイルの先発GKは高橋、後半は安藤)。やっぱり、そこ見て、出てくる、立ち位置見て出てくるのか出てこないのか、っていうところを見ながら、助走の角度も含めて、助走でいくスピードも含めて考えてはやったんですけど。踏み込んだ瞬間に若干、体がやっぱり疲れもあったので。よれてたので。自分の思ったところに飛ばせてないので、そこがもう、自分の勝ちとか負けとかではなくて、相手の勝ちというか、そういう感じがしましたね。ま、でも、自分のフォームでもう1回蹴らせてっていってもう1回蹴ったら決める自信はありますけど」

Sの字を描くような助走から利き足の左を振り抜く小島独特の第2PK。1回目は右上部に突き刺した。これは会心のキックだったのでは?

「キーパーが動くかどうかっていうのが僕は蹴る前にずっと見てるんですけど」

そのゴレイロ(キーパー)の動きが最初と2回目ではどこが違ったのか。

「最初のキーパーは、恐らく出てくるだろうっていうのが僕の中にあって。プレー中も出て止めるっていうのが基本的にはポイントだったので。だから助走しているときに必ず出てくる、それを待って、ゆっくり助走をして、出てくるのを待って、右足を前に出すのか、左足を前に出すのか、どう体を倒してくるのかっていうところを見て、逆をとるか、そのままシンプルに蹴るかっていうのを、最後のラスト一歩手前ぐらいまでは見てるんですけど。それがまあ、たまたまじょうずにいったっていうだけです」

2人目のゴレイロはあまり前に出てこなかった? 安藤は出てシューターとの距離を詰めてくるタイプのゴレイロだと思っていたが。

「2番目のキーパーは安藤さんですね。すごいじょうずなキーパーですね。う~ん、出てくると思ったんですけど、出てくるスピード的にはそんなに速くなかったですね。結構、我慢して我慢してラインを上げてきたって感じで」

キミが助走でSの字を描くのは相手の動きを見抜くための時間を稼ぐため?

「そうです、時間稼いでいるというより、基準をつくりたいんです。僕の中で」

ん? 基準? なんの? 難しくなってきたぞ。

全文はコチラ

コメント

デジタルピヴォ!支えてくださる
パートナーです。

  • ビギワン
  • ジュニアピヴォチャン
  • ピヴォチャン2017
  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス
  • エフチャンネル
  • sample
  • sample
  • sample
  • sample

デジタルピヴォ!パートナー募集中

RANKING

GAME大会情報

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

SINGLE個人参加情報

  • Coming Soon!

SCHOOLスクール情報

  • Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグ 順位表(9/18更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 40
2 府中アスレティック 35
3 FC ペスカドーラ町田 35
4 ​フウガドールすみだ​ 33
5 シュライカー大阪 30
6 湘南ベルマーレ ​ 30
7  バルドラール浦安 21
8 エスポラーダ北海道 15
9 アグレミーナ浜松 13
10 バサジィ大分 9
11 ヴォスクオーレ仙台​​ 9
12 デウソン神戸​ ​ 7

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • ビギワン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ピヴォチャン2017
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中