ピヴォ×みんサル

求めているのはひとつ。大阪の真の姿を神戸の悪ガキ共が引き出す関西ダービー[Fリーグ第16節]

 有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


求めているのはひとつ。大阪の真の姿を神戸の悪ガキ共が引き出す関西ダービー[Fリーグ第16節](2017/9/21)


2017年9月16日、岸和田 (PHOTO,TEXT・佐藤功)

▼そこに住む者の特権

関西のサポーターは幸せである。9月8日、グリーンアリーナ神戸での共同開催には裏の顔があった。シュライカーはデウソンを、デウソンはシュライカーを。直接の対決ではない、互いの指揮官が互いを視察し、互いに威嚇する戦いがあった。それはサポーターも同じ。神戸サポーターはヴィニシウスを完封するストーリーを思い描き、大阪サポーターは岡崎チアゴが沈黙する姿を想像した。

迎えた9月16日、大阪のモズと神戸のワシが刺し合う姿は画面で見ることができない。関西ダービーは、この岸和田に訪れた者のみが知る特権。1週間に渡る戦いの結末は、この空間に居合わせた者だけに提供される。

あれから1週間、岸和田に攻め込んできたデウソン神戸は血気盛んなワシが中心。最年長は稲田瑞穂、31歳。成熟した松宮充義、村山竜三はベンチにいない。最年少は山田慈英、18歳。出場停止で岡崎チアゴを欠いた鈴村拓也監督は、30代ひとり、10代ひとり、あとは20代を揃える決断をした。平均年齢24.8歳。鋭い目つきで威嚇する姿は、悪ガキそのものだった。

あれから1週間、モズは自らの巣、岸和田に戻って来た。威勢のいい悪ガキ共を、さらりといなすシュライカー大阪も実は若い。出場はなかったが19歳の齊藤日向がベンチに入り、平均年齢は26.7歳。だがこちらは木暮賢一郎監督の佇まいが示すように、若くとも王者としての品格を持っている。クレバーかつ冷静に、そして圧倒的な力を誇示する。

▼不敵な悪ガキ共

悪ガキの筆頭、川那部遼の爪がオレンジのモズを切りつける。「前半を2–0で終わるのと、自分が決めて2–1で終わるのでは意味が違う」。川那部は自らの言葉を実行に移した。前節、小暮監督が見た失点後の神戸、逆境に強い神戸が再現される。そして、意味が違う価値は後半に輝く。

後半開始早々、チアゴが引き離せば、すぐに森脩が追いかける。そして後半3分、もうひとりの森、森洸の一撃で追いついた。神戸の悪ガキ共は、確実に大阪の体にワシの爪で傷跡をつける。鈴村監督は「まだまだ未熟。できる日もあれば、できない日もある」彼らを選んだ。この日は、できる日に該当していた。

この時、大阪のモズに変化が現れる。ベンチにいた柿原聡一郎の怒号が響いた。ファウルがあったのか、それとも……。世の中にはこんな格言がある、審判は絶対。意に介さないレフェリーは、センターサークルにボールを置いた。

セットプレーからアルトゥール、相井忍、チアゴと美しい軌跡を描いてもゴールは生まれない。品格を兼ね備えたテクニックで進めながらも、大阪は違う事象でイラつきが進行する。激しい接触もファウルはなし、ドロップボールで再開。また柿原がベンチから叫ぶ。王の品格を持った大阪にも悪ガキは存在している。タイトルはすべてを蹴散らす力で勝ち取るもの。武力で勝ち取った王者は、その本性をのぞかせ始めた。

全文はコチラ

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス