デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[山下コラム]関東大会を制したリガーレ東京・西野宏太郎監督、失望と歓喜_その2

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[山下コラム]関東大会を制したリガーレ東京・西野宏太郎監督、失望と歓喜_その2(2018/2/7)デジタルピヴォ!プラス

失望の後の歓喜に酔う、LIGARE TOKYO。

 

関東大会準決勝で勝利し全日本選手権本戦出場権を獲得したLIGAREは、関東第1代表の座を懸けて決勝戦に臨んだ。

 

同じく決勝に臨んだPSTCロンドリーナ。

 

ベンチで選手に戦術を伝える西野監督。

 

♯5から♯30へピヴォ当てのコースを切るLIGAREのディフェンス。序盤から守備対攻撃の争いが鮮明だった。

 

ここでも前後から挟み込みに行き相手に自由にさせなかった。

 

前プレからチームでボールを奪ったLIGAREは前半7分、エース♯14米谷が先制点を決めた。

 

ドリブルでかわしに来るロンドリーナを巧みに体を入れることで止めている。

 

自軍の執ようなディフェンスをたたえる西野監督。そこには関東リーグでの苦い経験が生かされていた。

 

フィクソの碓井がピヴォに入って果敢にシュートに行く。ゴレイロ柴田の左手を弾いてゴールインしたかに見えたがファーに外れた。

 

体を張ったLIGAREのディフェンス。

 

何度も決定機を演出したロンドリーナだがシュートが枠に飛ばなかった。写真は♯30が右からシュートを放つがこれも枠の左に外れた。

 

堅守速攻を絵に描いたようなLIGAREの戦い方だった。

 

これもチームで前プレから奪いこの日2点目を決めた米谷。

 

攻守の中心選手のひとり、♯11西巻がカットインからシュートを狙うがLIGAREは2人で止めに行く。

 

そして奪ってカウンター。ロンドリーナは打開するすべを持っていなかった。

 

ロンドリーナは後半残り9分、前への推進力が強い♯24オオヤモントロエンヒを投入するが厳しいディフェンスに遭い局面の打開にはならなかった。

 

タイムアップまで6分、前プレから米谷がこの日3点目を決めた。

 

後半14分、ロンドリーナは♯3佐藤をゴレイロにパワープレーに移行。最後の反撃に出る。

 

残り2分、パワープレーからその佐藤が1点目を押し込むが反撃もそこまで。1-3でLIGAREが勝利した。

 

LIGAREの歓喜の輪が広がった。

 

▪️第23回全日本フットサル選手権 関東大会 決勝
PSTCロンドリーナ 1-3 LIGARE TOKYO
2018年1月28日(日) 山梨県立小瀬スポーツ公園体育館
[得点経過]
0-1 07分00秒 リガーレ東京 14 米谷悟
0-2 26分20秒 リガーレ東京 14 米谷悟
0-3 34分08秒 リガーレ東京 14 米谷悟
1-3 38分11秒 PSTCロンドリーナ 3 佐藤玲惟

[関東大会結果]
http://saitama-fa.net/futsal/kanto-result/kanto-result-index.html#zenkan

 

ベスト4のうち3チームはFの下部組織
そこで意地をみせることができてよかった

この記事の前編で僕はこう問いかけて終えている。

「ディフェンスのチームによるディフェンスの崩壊、それは全日本選手権関東大会までに解消するのだろうか」と。
結論を先にいえば、YESである。それも、ものの見事に。

1月20(土)、21(日)、28(日)の3日間、山梨県立小瀬スポーツ公園体育館で開催された全日本選手権関東大会には16チームが出場、全日本本戦への3つの枠の争いが行われた。関東リーグから駒を進めたのは以下の4チーム。
PSTCロンドリーナ(関東リーグ1位)
LIGARE TOKYO(同2位)
Black Shorts Futsal Club(同3位)
ZOTT WASEDA FUTSAL CLUB(同4位)
ところが、ベスト4(準決勝)に残ったのは次の4チームだった。
PSTCロンドリーナ
LIGARE TOKYO
フウガドールすみだバッファローズ(東京都1位)
バルドラール浦安セグンド(千葉県1位)
賢明な読者はもうお分かりのとおり、LIGARE以外、3チームともFリーグのサテライトチームだ。
この事実をLIGAREの西野宏太郎監督はどう受け止めているのだろうか。

「うちは、1試合目(準決勝)のセグンドとの試合で負けたら(決勝はより)難しい試合になることは分かっていました、体力的にも。(決勝の相手には)若い下部組織の選手がそろっているので。でも、僕ら以外ベスト4が(Fリーグの)下部組織っていうところで、時代はそういう流れに絶対に来てるんですけど、これが何年続くか分かんないですけど、そういうところで自分たちが意地みせるというか、そういうのができてよかったかなと思います。ま、でも、一番は自分たちのためなんで。地域リーグを背負ってるとか、そんな大げさなことはいえないんで。そこは自分たちがやってきたものが少し出てよかったかもしれないですね」

かくして、最終結果は以下のとおりとなった。
関東第1代表 LIGARE TOKYO
関東第2代表 PSTCロンドリーナ
関東第3代表 フウガドールすみだバッファローズ

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

少し相手にリスペクトを持ったうえで
やったっていうのが正直なところ

最終結果が確定したところで西野監督にさっそくインタビューを試みた。

Pivo! 今日はロンドリーナにハーフを超えてほとんど有効な攻撃をさせなかった。関東リーグ最終節での敗戦以降、どこをどう手直ししたのか?

西野 そうですね。やっぱり若くて速い選手たちだし、行ってもやられてしまうかな? っていう考えもあったんで。やっぱり、そのスペース…。僕らあんまり引いた試合っていうのをしないんですけど。少し相手にリスペクトを持ったうえで、やったっていうのが正直なところですね。あんまりやり方を変えるっていうのは少しリスクを伴うことなんであれなんですけど、だけど、選手たちはよくやってくれました。

Pivo! リーグの最終節でディフェンスが崩壊した。監督としてがっくりきているところがあったが、よく持ち直した。

全文はコチラ

 

コメント

Today SINGLE5月26日 今日都内で蹴れる個人参加

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグ 順位表(1/8更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 82
2  ペスカドーラ町田 71
3 湘南ベルマーレ ​​ 70
4 ​フウガドールすみだ​ 65
5 シュライカー大阪 60
6 府中アスレティックFC 60
7 バルドラール浦安 41
8 アグレミーナ浜松 26
9 ヴォスクオーレ仙台​​ 26
10 エスポラーダ北海道 24
11 デウソン神戸​ ​ 21
12 バサジィ大分 19
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中