ピヴォ×みんサル

【山下コラム】名古屋・吉川智貴『何でもできるのが自分の持ち味』

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[山下コラム]名古屋・吉川智貴、「何でもできるのが自分の持ち味」(2018年2月20日)デジタルピヴォ!プラス

パワープレー返しを決め、ほえる!

 

厳しい試合こそ闘志を燃やす。

 

カウンターの起点となり仕掛ける。

 

ヴァルチーニョのゴールをたたえる。

 

呼吸を整えつつコーナーアークへ。

 

ゴレイロをかわしにいく。

 

攻撃的なチームを支えたオールラウンダー

2位 ルイジーニョ 34ゴール 出場30試合
5位 ラファ 25ゴール 同31
9位 ヴァルチーニョ 23ゴール 同29

これはFリーグゴールランキングの上位に名を連ねた名古屋オーシャンズのブラジル人トリオと彼らのゴール数だ。「苦しんだ去年のことを考えて、点の獲れる外国人選手に投資した」(ペドロ コスタ監督)結果、このたった3人でリーグ7位のバルドラール浦安のチーム得点数と並ぶ「82」ゴールをあげている。8位以下で、この数字を上回ったチームはない。

もちろん、この3人で優勝できるわけはなく、この3人以外の存在が重要になってくるが、その筆頭が、吉川智貴(よしかわ ともき)、というのが僕の見解だ。昨年までの2シーズン、スペインリーグ1部マグナ グルペアに籍を置き、3年ぶりに古巣に復帰した28歳(インタビュー時)。プレーオフに連勝し、2年ぶり10回目の王座に返り咲いた日に、僕は初めてこのオールラウンダーにインタビューする機会を得た。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下

 

自分のプレーが死んでる試合もあった

類まれなフィジカルをベースに、プレーオフで優勝に貢献した吉川だが、この2連戦を彼はこう語っている。

「(リーグ戦では)常に、モチベーションは100%でやってるんですけど、その中でもやっぱり気持ちがどうも、なんていうんですかね、常に一番高いテンションにならない、っていうのが一番苦しんだところでした。それが原因で、自分のプレーが、全然、なんていうんですか、生きないというか、死んでる試合もありましたし。まあ、それは一番自分が自覚してるんですけど。そういうところが難しかったのかなとは思いますね。でも、この2日間というのは自分のよさというか、すごくモチベーションが上がる試合がやっとできたのかなって思いますね」

かの地で、高い集中力が求められる試合を重ねてきた彼ならではの感想だが、彼の中で、2シーズンに渡って身を置いたスペインリーグは僕の想像以上に大きな位置を占めていた。「やっぱり、この2年間というのは非常に大きかったのかなとは思います」と語っている。そこで得た経験をベースに自分自身の成長をどう見ているのだろうか。

 

全文はコチラ

 

コメント

みんサル

個サルを検索する ひとりでも参加できる個サルやイベントに行ってみよう!

大会にエントリーする 仲間や友達を集めてフットサル大会に参加しよう!

全国のフットサル施設 全国のフットサル施設からお気に入りの場所を探そう!

RANKING

Special Thanks

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス