デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[関東リーグ・PSTCロンドリーナ優勝への軌跡]第一章:ホームでショーツに敗退し自力優勝の可能性消滅!

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[関東リーグ・PSTCロンドリーナ優勝への軌跡]第一章:ホームでショーツに敗退し自力優勝の可能性消滅!(2017/12/22)デジタルピヴォ!プラス

相手のホームで勝利し首位ロンドリーナに勝ち点「2」と迫ったブラックショーツ。リーグ終盤の混迷を演出する勝利だった。

 

トップの湘南ベルマーレが直前の試合で浜松に10-0と大勝した後、優勝を決める戦いに臨んだPSTCロンドリーナだった。

 

SuperSports XEBIO 第19回関東フットサルリーグ1部 by PENALTY 第15節
PSTCロンドリーナ 3-4 ブラックショーツ
2017年10月28日(土) 小田原アリーナ 観客数:222人
[得点経過]
0-1 01分14秒 ブラックショーツ 9 渡辺大貴
1-1 09分16秒 PSTCロンドリーナ 13 田中大貴
1-2 18分01秒 ブラックショーツ 16 北村健人
1-3 18分13秒 ブラックショーツ 25 吉田廉
1-4 20分58秒 ブラックショーツ 25 吉田廉
2-4 26分24秒 PSTCロンドリーナ 30 中島亮人
3-4 36分08秒 PSTCロンドリーナ 30 中島亮人

 

試合開始1分14秒、キックインからダイレクトでシュートに行くチョン・ドンからまさかの先制ゴールを決めたショーツのキャプテン渡辺。

 

ゴールランキングトップを快走する♯3佐藤が左からシュートを放つが惜しくも枠の外。ドリブル自慢が多いロンドリーナがサイドからシュートを連発したが決められなかった。

 

前半9分16秒、♯13田中が同点ゴールを決め、ここからロンドリーナの逆襲が始まるものと誰もが思っていた。

 

得意のドリブルから狙いすましてシュートを放つ♯22高橋。闘志むき出しで戦ったがこの日はノーゴールに終わった。

 

勝ち越しゴールを決めたのはショーツだった。ベンチの祝福を受ける♯16北村。

 

さらにその12秒後、追加点を決めたはショーツの♯16吉田。これで1-3となった。

 

後半最初のゴールもショーツ吉田に決められ1-4とされたロンドリーナが反撃に出る。後半6分24秒、相手ゴール前に侵入した碓井が左にパスを振る。

 

シュート態勢に入る♯30中島。

 

右足ダイレクトシュート。

 

中島から放たれたボールはニアを突きゴールネットを揺らした。

 

お互いのファイトをたたえ合う2人。

 

猛攻を仕掛けるロンドリーナ♯11西巻。

 

ロンドリーナの3点目も中島だった。16分8秒、自ら蹴った右コーナーキックからのこぼれを蹴り込んだ。

 

ロンドリーナの猛攻は続く。碓井が仲間のブロックを活用して得意のターンで相手ゴール前へと迫る。

 

さらに碓井はその直後、ピヴォの佐藤に当てて落としをシュートに行く。

 

誰もが決まったと思ったがゴレイロ冨沢がセーブ。

 

ドリブルを仕掛け遠目からシュートを撃つ高橋。いいゴレイロのいるチーム相手にドリブラーのシュートは決まらなかった。

 

カウンターから左の中島へパスが出たところで長い笛が鳴った。

 

喜びに沸くショーツのベンチ。これで今季ロンドリーナに2連勝だ。

 

勝てば優勝が確定するロンドリーナだった

10月28日。この日はロンドリーナにとって特別な日となるはずだった。

遡ること21日前の10月7日、総合型スポーツクラブの湘南ベルマーレは、サッカー(J2)とフットサル(Fリーグ)でともに勝利を挙げた。この日は、それに次いで、Fリーグと関東リーグでともに勝利を挙げるべく、会場の平塚総合体育館でFの試合後にブラックショーツ(以下、ショーツ)戦が組まれた。
ロンドリーナはここまで9勝3分け1敗で、勝ち点「30」。唯一の1敗は第3節のショーツ戦だった。
ショーツは8勝1分け3敗で、同「25」。
ロンドリーナが勝てばショーツとの差が「8」と開き、2試合を残して優勝へ大きく前進するはずだった。しかし舞台は暗転する。「個」対「組織」の戦いは「全員で戦ったショーツ」(渡辺キャプテン)に軍配があがった。この結果、両者の勝ち点差は「2」と縮まったばかりか、残りが1試合少ないロンドリーナに自力優勝の目が消えたのだ。残り2試合を連勝し、ショーツがコケるのを待つしかない他力の状況となった。

リーグは結局ロンドリーナが最終節に勝ってショーツに「3」差をつけて初優勝を遂げたことはご存知のとおり。その<最終章>に向けて優勝争いは混迷するが、その口火を切ることになったこの第15節はどんな戦いだったのか。両チームの選手のコメントで明らかにしていく。

全文はコチラ

コメント

Today SINGLE12月10日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

  • Coming Soon!

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(12/2更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 62
2 シュライカー大阪  52
3 立川・府中アスレティック 45
4 ペスカドーラ町田 44
5 湘南ベルマーレ 43
6 バサジィ大分  38
7 フウガドールすみだ 35
8 Fリーグ選抜    27
9 ヴォスクオーレ仙台  23
10 バルドラール浦安 21
11 エスポラーダ北海道 17
12 アグレミーナ浜松 11
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中