デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

湘南・奥村監督、大分戦後に自作の“湘南賛歌”を熱唱![Fリーグ第31節]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


無料記事:湘南・奥村監督、大分戦後に自作の“湘南賛歌”を熱唱![Fリーグ第31節](2017/12/23)デジタルピヴォ!プラス

関東1部を制したサテも含めた全選手と1,000人を超える観客、サポーターが見守る中、奥村監督はプレーオフ進出報告もそこそこに自作の“湘南賛歌”を熱唱した。「スピーチよりも歌が一番印象に残るかなと思って」。この人らしい発想だ。

 

DUARIG Fリーグ2017/2018 第31節
湘南ベルマーレ 4-2 バサジィ大分
2017年12月23日(土) 小田原アリーナ 観客数:1,021人
[得点経過]
1-0 26分03秒 湘南 44 本田真琉虎洲
2-0 33分19秒 湘南 11 林田フェリペ良孝
3-0 34分57秒 湘南 8 刈込真人
3-1 35分58秒 大分 10 仁部屋和弘
3-2 37分51秒 大分 14 白方秀和
4-2 39分22秒 湘南 8 刈込真人

 

前半のヒーローは再三チャンスメークした♯6植松。体の強さと技のキレが日に日にアップしている。

 

大胆不敵なドリブルで相手ゴールを脅かす♯11フェリペ。だがどうしてもディフェンスに引っかかってしまう。

 

後半6分、ロドリゴのシュートパスがセグンドパウを襲う。そのとき♯44本田が、大分のゴレイロ♯1檜山と♯14白方の裏を突く。

 

白方の足に当たってゴールポスト左に外れるかに見えたボールを本田が押し込む。

 

体ごと押し込んだ完璧なファー詰めに奥村監督は本田を“ファー詰め職人”とたたえた。

 

8戦負けなしで通算22勝目!

今季11位と低迷する大分をホームに迎えた湘南は、後半終盤に大分の迫力満点のパワープレーから反撃に遭い1点差に迫られたがキャプテン刈込のこの日2点目のパワープレー返しで突き放しホーム最終戦を勝利で飾った。湘南はこれで通算22勝目。第3クール第1試合(第23節)こそすみだに敗れたものの、その後は第25節の町田戦の引き分けを挟んで第24節から8試合負けなしと好調を維持したままこれ以上ない状態で年明けの駒沢セントラル(第32、33節)を迎えるわけだが、試合後、サポーターを前にしたプレーオフ進出報告の場で奥村監督が自作のマイク片手に“勝利の歌”を披露したうえに、「プレーオフ、優勝します!」と叫んだことで会場は大盛り上がり。湘南のBigWaveがプレーオフの会場を緑一色に包みそうな気配となってきた。

まとめ◆デジタアルピヴォ! 山下

 

後半13分、またもロドリゴが仕掛ける。

 

このシュート性のパスにフェリペが俊足を生かして白方の裏を突く。

 

そして白方の股間を抜けたボールを右足で押し込む。

 

必死にクリアに行く白方だがボールはゴールラインを超えている。

 

大分の選手が入ってない! と抗議するもレフェリーは左手でセンターサークルを指した。このプレーでフェリペはMOMを獲得したが、勝利の一番の貢献者はロドリゴだろう。

 

3-0としたところでフィウーザに代わって入ったゴレイロ♯12上原だったが、いずれもパワープレーから後半15分に仁部屋(写真中央)に、同17分に白方にゴールを決められた。

 

1点差に迫られたところで刈込のこの日2度目のパワープレー返しが飛び出しチームを救った。まさに“パワープレー返しの職人”だ。白方はこの日3失点に絡んでしまった。

 

▪️記者会見
(試合を振り返って)
奥村敬人湘南ベルマーレ監督
ファー詰めの職人とパワープレー返しの職人が

「お疲れ様です。さっきの(会場での“湘南賛歌”と)あいさつでちょっと緊張して真っ白になってというか。苦手ですね、ああうのはね(そうは思えないけど…by 山下)。あまり(試合のことを)覚えてないんですけど、今思い出します。そうですね、前半はホントに自分たちのディフェンスがしっかりハマってて、決定的なチャンスをかなりつくった試合だったと思うんですけど、ことごとく外してしまって。いつもどおりというか、前節の神戸戦と一緒なんですけど、1点獲られたら嫌だなという雰囲気の前半で。ただ、今のチームのいいところはいつか点を獲れるだろうという自信があるというか、すごくみなぎってる。選手たち見てても、“ああ、惜しいなぁ!”っていう話はしてるんですけど、絶対に“獲れる!”っていう目をしてるんですよね。そこで、ま、自分としては安心して後半も送り出せるというか、そういった部分で、苦しいときにジャッピーニャ(本田)がファー詰めで決めてくれるという、ホントに職人だと思うし。ああいう点が相手の気持ちを折るという部分ですごく重要な得点だったと思います。
その後はカウンター合戦になったりとか、いろいろ、須賀ちゃん(すみだ監督)のいうところの“オープンな展開”になったんですけど、そこで自分たちが最後の最後をきっちり守りきって逆にうちはしっかり決めたというそこで今日の試合は勝負あったのかなというふうには思ってます。ただ、最後のパワープレーは大分は自信がありますし、自分たちも自信を持って対応してるんですけど、やられてしまったという部分で、勝ちながらも反省できてるというところは、ホントにハラハラしますけど、そこはすごくポジティブにとらえています。ま、パワープレー返しの職人はうちにはいますんで、まあ、すばらしいかなと。ホントに最後のインフロントにかけたシュートなんか、コノヤローって感じの、すごくおしゃれなというか、ホントにちょっとしたところなんですけど、ああいう回転をかけて決めるっていうところが、僕は好きです。以上です(笑)」

 

刈込真人湘南ベルマーレキャプテン
仁部屋、原田らキーマンに仕事をさせなかった

「お疲れ様です。えと、試合自体は前半に数多くのチャンスをつくりながらも決め切れなかったんですけど、ディフェンスの部分は、相手にとって嫌なプレスというか、分析どおりのディフェンスができたかなと思ってます。ホント、決め切れなかったんですけど、なぜか前半終わっても、先ほど監督がいったようにディフェンスだけしっかりやっていれば、“いつか入るだろう”という自信を抱きながら後半にしっかり臨みました。相手のキーマンである仁部屋選手とか原田浩平選手とかにあまり仕事をさせなかったところがすごく大きかったのかなと思ってます。パワープレー自体はしっかり対策をしたんですけど、やっぱ、相手もすごく上手というか、相手にもしっかり分析された中で2点獲られたんですけど、ホントにパワープレー返しがうまく決まってくれて、相手の心をメンタル的にも少し落とせたのかなっていうふうに思ってます。ホントに勝ってよかったです。(小田原スペシャルデーを組んでくれた)J:COMさんのおかげです」

「(刈込のコメントに)すごいな、今日は負けたな」と奥村監督。選手とコメント争いですか(笑)!?

 

質疑応答

Pivo! シーズン最後のホームゲームで歌をうたった監督を初めて見た。でも、会場全体が笑いに包まれていたのはよかった。それはさておいて、その場で、“プレーオフ優勝!”を大きな声で宣言したが、8戦負けなしの戦いの中で手応えをつかんでの発言だったか。

奥村 そうですね。まあ、名古屋とか強いんですけど、自分たちはホントに勢いに乗ってますし、そこも踏み込むビッグウエーブが起こるんじゃないかなという手応えはあるので。そこの部分を強調して全員でそのビッグウエーブをさらにつくり上げて、会場ごと、プレーオフのチームを倒していきたいという思いでいったんですけど。ホントにどんな相手でも粘り強く戦って勝てるというか、接戦なんですよね、第3クールは。その中でも選手たちがギリギリのところで体を張って守ってとか。仁部屋選手がワンツーでやってきたときも刈込は今までだったらホントに追いつけないくらいのすごいスピードだったと思うんですけど、最後の最後で足を伸ばして止めるとか。そういうところに今までとの違いというか、例年との違いを感じてます。そこの部分を自分たちでより濃く出せれば相手としてはすごく嫌だというか、そのあとのカウンターが速いので、攻めるときに一歩遅れたりとか、一歩後ろ重心になったりとか、そういう部分で自分たちが有利になるのかなと。試合を有利に進められるような手応えを感じています。

Pivo! 今日の試合でプレーオフを想定した中でトライしたことはあったか。

奥村 今日は特になかったですね。自分たちのいつもどおりの戦いを徹底して。もちろんその中でミスとかはあったんですけど、それをやり続けるというか、っていうところですね。あとはまあ、(後半途中から出場したゴレイロの上原)拓也にはしっかり経験を積んでもらうってところで。失点して彼も悔しい思いをしてると思うんですけど、すばらしいプレーもいっぱいあったと思うので、(正ゴレイロの)フィウーザという壁を越えられるように試合の中で失敗しながら成長してもらえたらいいかなと思います。

(普通だったら、会見はここで終わり。ところがこの日の湘南にはこの続きがあった。会見室を引き上げる途中に)

奥村 いや、途中、歌忘れちゃいました(笑)。チクショー、悔しい! 

J:COM あの歌詞ってどこかに出てる?

奥村 いや、僕、自分で歌詞、作ったんですよ。

J:COM 教えてください、ぜひ。

奥村 ♫ひとりとひとりが集まれば って歌で、『友だち賛歌』って歌です。
♫ひとりとひとりが集まれば(と盛んにうたいたい様子)。
今日は負けたらうたえないと思ったんですけど、勝ったらうたうしかないだろうと思って。いくらスピーチしても歌うたうのが一番印象に残るかなと思って。こんな変なヤツがいてもいいかなと思って。笑いとるために行きました。2番は結構いい歌詞なんですよ。
♫今日駒沢集まれば たちまち会場黄緑さ みんなで肩組みビッグウエーブ 一緒に踊ろ~ 。そこが会場でうたったとき抜けちゃって、何やってんだ、オレ(笑)。そういえばヨドバシカメラのCMのメロディですかね。
♫ひとりとひとりが集まれば~ (笑)

J:COM それをプレーオフ会場でみんなで歌いましょう。

奥村 いや、でも、ホント、たくさんの人に来てほしいですね。じゃ、(HPに)歌詞、出しますね。

(湘南ならではの和やかは雰囲気の中で監督がひとしきり“湘南賛歌”をうたい会見? は終了したのだった)

コメント

Today SINGLE12月14日 今日都内で蹴れる個人参加

  • Coming Soon!

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

  • Coming Soon!

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

  • Coming Soon!

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(12/9更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 65
2 シュライカー大阪  52
3 立川・府中アスレティック 51
4 ペスカドーラ町田 46
5 湘南ベルマーレ 43
6 バサジィ大分  41
7 フウガドールすみだ 38
8 Fリーグ選抜    28
9 ヴォスクオーレ仙台  24
10 バルドラール浦安 22
11 エスポラーダ北海道 18
12 アグレミーナ浜松 11
 

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中