ピヴォ×みんサル

パーソナルトレーナー碓井雅貴の“肉体改造” ver.2 スクワットで強じんな下半身を手に入れる

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


パーソナルトレーナー碓井雅貴の“肉体改造” ver.2 スクワットで強じんな下半身を手に入れるデジタルピヴォ!プラス

 

今回は”トレーニングの王様”スクワットについて書いていきます。
なぜ、王様と呼ばれているかというと使われる筋肉の多さです。
他の種目と比べても圧倒的に動く筋肉が多いです。
大腿四頭筋、ハムストリング、大臀筋、腓腹筋、ヒラメ筋、脊柱起立筋群、腹筋群(体幹)を鍛えることができます。

フットサルはサッカーよりも止まったり、そこからまたダッシュをしたりと一瞬の動きが必要になります。
そこで止まるためのブレーキ筋といわれる大腿四頭筋、アクセル筋といわれるハムストリングが同等に必要になると僕は思います。
大臀筋もピヴォでボールをキープするときにぶつけたりと下半身強化においてこのスクワットはフットサルをやる人には一番効果が得られるのではないかと思います。

スクワットにもたくさんの種類がありますが、今回はバーベルバックスクワットのトレーニングを紹介していきます。

 

 

まずはバーベルを持たないフォームです。
足は肩幅か肩幅より少し広めに開きます。
爪先は正面か少し開いても大丈夫です(これは人の筋肉のバランスによって変わります)。
そしてお尻からしっかり落としていきます。
そのときに爪先よりひざは少し出るくらいの位置にします。
ひざから落としたり、ひざを爪先より出しすぎるとひざを痛める可能性がありますので注意してください。

全文はコチラ

コメント

みんサル フットサルを、日本の文化に。

個人参加できる
フットサルを探してみよう

個サルを検索する

日本中の大会から
自分たちに合う大会を探してみよう

大会にエントリーする

日本中のフットサル施設
を探してみよう

全国のフットサル施設

RANKING

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス