ピヴォ×みんサル

西谷良介が名古屋にもたらしたものは?若手を導き若手と争う者(全日本選手権)【佐藤コラム】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


西谷良介が名古屋にもたらしたものは?若手を導き若手と争う者(全日本選手権)【佐藤コラム】デジタルピヴォ!プラス

2018年3月11日、駒沢
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

日本人の心に刻まれた日付、3月11日。全日本フットサル選手権決勝では、名古屋オーシャンズに在籍する西谷良介が長い時間ベンチに座っていた。左足のソックスを下げていた。前半に、突然アキレス腱の上の部分が悲鳴を上げた。「今までなったことないやつ」と感じた西谷は、軽くステップを踏みピッチから出ることを決意した。

だが、ロッカールームではなく、ベンチに居座る判断をする。彼の後方には同じく足を痛めた、ラファが車いすに座り悔しそうな表情で同じ判断をしていた。ここから、西谷の力が発揮される。シュライカー大阪を西谷の念が襲う。

名古屋はサテライトが1次ラウンドで戦っている。レギュレーション上、彼らをトップチームに帯同はできない。さらに西谷とラファの2名が欠ける。頂点を争う大阪よりも4名も少ない事態になっていた。「チームの状態を不安定にさせてしまったのはつらかった」と自責の念を語る。

だが、足は使えないと判断した西谷には、声と言う武器が残っていた。「ずっと声を出して勇気づけよう」と決意した西谷はもう一つ残された武器、手も使って拍手を送る。「ベンチから観ていても頼もしい仲間が力強く戦っている」と安心もしていた。西谷は、仲間を鼓舞する念を送っていた。

「休むというよりできることをやろう」。西谷はこの行為を、「ベンチワーク」という言葉で表現した。「全員で戦っていることを表現すれば、もっともっと勢いづくんじゃないかなと思っていた」。西谷は名古屋に来て、自分の武器であるこの声を存分に発揮した1年だったという。交代が自由なフットサルにおいてはこれが重要。ベンチの選手も試合に入っていないといけないと、西谷は名古屋に伝えていた。

全文はコチラ

コメント

みんサル フットサルを、日本の文化に。

個人参加できる
フットサルを探してみよう

個サルを検索する

日本中の大会から
自分たちに合う大会を探してみよう

大会にエントリーする

日本中のフットサル施設
を探してみよう

全国のフットサル施設

RANKING

  • ベストパートナー
  • ボアスコンプラス