デジタルピヴォ! [フットサル総合ポータルサイト]

[F2/トルエーラ柏]立ち上がりからすぐ分析に入って、“相手がこうだからこうやろう”と選手に伝えセットを柔軟に替えていくのが僕のやり方(高垣結監督)

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、WEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事を転載させていただきます。


[F2/トルエーラ柏]立ち上がりからすぐ分析に入って、“相手がこうだからこうやろう”と選手に伝えセットを柔軟に替えていくのが僕のやり方(高垣結監督)(2018/5/16)デジタルピヴォ!プラス

「キックオフカンファレンスで他チームと顔を合わせたことでスイッチが入った」と語る高垣監督。

 

高垣監督をはじめ全選手が一堂に会した。

 

TAKAGAKI Yui
1985/5/10生まれ、広島県出身
フットサル歴
MFP SALSA→ペスカドーラ町田アスピランチ→広島F・DO
指導歴
サンフレッチェ広島ジュニア→サンフレッチェ備後ジュニアユース→広島F・DO→トルエーラ柏
・広島県選抜 男子
・広島県選抜 女子
資格
JFA公認フットサルB級ライセンス
JFA公認サッカーC級
キッズインストラクター

 

雷のような攻撃を! 痺れる試合を!

今シーズンからスタートするF2の全8チームが15日のキックオフカンファレンスで初めて顔を合わせた。その5日前、僕は千葉の柏をホームタウンとするトルエーラ柏のチーム練習を取材する機会を得た。
トルエーラ柏(TORUELA KASHIWA)のチーム名は、旧チームTOR+スペイン語で雷(trueno)+スペイン語で鷲(aguila)を合わせた造語。前身の柏イーグルスや柏TOR’82の歴史や伝統を忘れないようにとの思いを込めつつ、雷のような攻撃を! 痺(しび)れる試合を! という熱いメッセージが込められている。
そのトルエーラを率いるのが高垣結監督(33歳)。選手時代はゴレイロで、甲斐修侍・現ペスカドーラ町田代表の勧めで同チームのサテライト、アスピランチ(バイアーノ初代監督時代)に籍を置いたことがある。その広島出身の監督がどんな経緯からトルエーラの監督に就任したのか、練習前のインタビューはそこから始まった。

全文はコチラ

 

コメント

Today SINGLE8月19日 今日都内で蹴れる個人参加

もっと見る

RANKING

GAME大会情報

もっと見る

GROUNDフットサル場一覧

もっと見る

SCHOOLスクール情報

Coming Soon!

F.LEAGUE順位表

Fリーグディビジョン1 順位表(8/5更新) ​​

順位 チーム 勝点
1 名古屋オーシャンズ ​​ 22
2 FC シュライカー大阪  17
3 バサジィ大分 16
4 立川・府中アスレティック 15
5 ペスカドーラ町田 14
6 湘南ベルマーレ 11
7 Fリーグ選抜 10
8 エスポラーダ北海道    10
9 バルドラール浦安   6
10 フウガドールすみだ   6
11 ヴォスクオーレ仙台  6
12 アグレミーナ浜松 4

PLUSデジタルピヴォ!プラス新着情報

J-RONJ論リンク

    デジタルピヴォ!
    パートナー

    • みんサル
    • ビギワン
    • フットみる
    • U-9ピヴォチャン
    • ジュニアピヴォチャン
    • ベストパートナー
    • ボアスコンプラス
    • エフチャンネル
    • sample
    • sample

    デジタルピヴォ!
    パートナー募集中